バラは地植えと鉢植えでどちらが良い?2回目

こんにちは、オトメンパパです^^

今回は、こちらの実験の続きです。

バラって鉢植えと地植えで実際にどのくらい違うのか?

バラは地植えと鉢植えでどちらが生育が良いのか?【その2】です^^

実験のおさらい

バラは、鉢植えと地植えで育てる場合、
地植えの方が生育が良いという印象です。

でも、バラの書籍などを読んでいると、
プロの方の意見で、次のようなものをけっこう見かけます。

「鉢だと、根の管理がしやすいため、
地植えよりも、鉢植えの方が生育が良い」

うーーーん、これは意外でしたが、
一理あるような気もします。

バラは湿った状態と、乾燥した状態が、
交互にくることで、根張りが良くなるそうです。

鉢植えだと、根張りは限られるけど、
適切な鉢のサイズであれば、乾湿の差は、
ほぼ毎日~2,3日で訪れます。

地植えですと、根張りは無限ですが、
乾湿の差は、あまりないように思えます。

本当のところ、実際にはどうなんだろ?

と、いうわけで実験大好きオトメンパパは、
ER4選手に協力してもらい、試してみる事にしました^^

参加選手のバラ達

参加選手は、以下の4選手です。

  • レディ・エマ・ハミルトン
  • シャーロット・オースチン
  • クレア・オースチン
  • クラウン・プリンセス・マルガリータ

1カ月後の状態

それでは、地植え1カ月後のレビューで~す^^

施肥量は同じです。
水やり以外の条件もほぼ同じです。

レディ・エマ・ハミルトン

まず、超良い香りのレディ・エマ・ハミルトンです。

1カ月前の状態です。
右を地植えしました。
レディエマハミルトン全体

1カ月後の鉢植えです。
後ろの細いベーサルシュートは、植える前からありました。
レディエマハミルトン鉢植え1

1カ月後の地植えです。
レディエマハミルトン地植え

鉢植えと地植えの比較です。
(後ろの草はにんにくです^^;)

背丈や葉っぱの数もだいたい同じで、
成育の違いは特になく、2つとも順調です。

シャーロット・オースチン

続いて黄色いカップ咲のお花が可愛い
シャーロット・オースチンです。

1カ月前の状態です。
左を地植えにしました。
シャルロットオースチン全体

1カ月後の鉢植えです。

根元からベーサルシュートが出ました!
そしてグーーーンと伸びました^^
シャルロットオースチン鉢植え1

1カ月後の地植えです。
根元からのシュートではありませんが、
芽がグーーーンと伸びています。
シャルロットオースチン地植え1

比較すると、やや、鉢植えの方が葉っぱが多いイメージです。
しかし、これは1カ月前からでした。

スポンサーリンク

クレア・オースチン

続いて、先日枯れてしまった、
クレアオースチンの子ども(挿し木苗)です。

1カ月前の状態です。

一番右の苗を地植えにしました。
(できるだけ小さい方を地植えにしました)
クレアオースチン全て

1カ月後の鉢植えです。
左側の株から、ベーサルシュートが発生し、
グーーーンと伸びました(^▽^)
クレアオースチン鉢植え1

1カ月後の地植えです。
ヒョロ~っと伸びました。
ベーサルシュートの発生はナシです。
クレアオースチン地植え

3つを比較すると、鉢植えの2つがやや元気が
あるように見えます。

その内1つには、
ベーサルシュートの発生もありましたしね。

クラウンプリンセスマルガリータ

最後に、オレンジ色のクラウンプリンセスマルガリータです。
この子の親(挿し木苗の枝を提供した株)は、
ほぼ日陰で頑張っています。

1カ月前の状態です。
右の苗を地植えしました。
クラウンプリンセスマルガリータ全体

1カ月後の鉢植えです。
なんと、こちらもベーサルシュートが発生しました。
クラウンプリンセスマルガリータ鉢植え1

1カ月後の地植えです。
ベーサルシュートの発生はありませんが、
芽がグーンと伸びました。

後ろの草は、
手前からニンニク、ワケギ、大根です^^
クラウンプリンセスマルガリータ地植え

背丈は地植えが勝っていますが、
鉢植えは、力強いベーサルシュートが発生して、ガッシリ気味です。

地植えはベーサルシュートの発生はありませんが、
ヒョロ~っと伸びました。

1カ月後の感想

今回は4品種中、

3品種が鉢植えのみ、
ベーサルシュートの発生がありました。

これは偶然でしょうか?

まだ1カ月で、生育の差が目で見てわからないので、
なんともいえませんが、やや鉢植えがリードしているように思えます。

次は、11月末の予定です~^^
乞うご期待!

読んでいただき、ありがとうございました。