バラの害虫駆除に効果テキメンなオルトラン粒剤

ロザリアンの皆様こんにちは、
オトメンパパです^-^

最近滋賀県はとても涼しいです。

人間も快適^^
バラも快適^^

害虫さん達も快適です( ̄▽ ̄)


子どもに、絵本の名作「はらぺこあおむし」を読んであげる時は、
あおむしさんは、ワンちゃんネコちゃんレベルの可愛さで、

「ちょうちょになったね~」なんて言っている私ですが、

実物はやはり、

大嫌いです(`ー´メ)

今回は、バラの害虫駆除に効果のあるオルトラン粒剤をご紹介します。

害虫被害のあったバラ

害虫(チュウレンジバチ)にやられたバラ

チュウレンジバチにやられたバラ


ほんの数日見回りをしないと、すぐこうなります。。


害虫(ホソオビアシブトクチバ)に食われたバラ

虫に食われたバラ


ホソオビアシブトクチバは、細い尺取虫なんですが、
こいつら、昼間は忍者のように枝の影でジッとしているので、
探すのが大変です。

新芽が芯だけになっていたら、ほぼコイツが犯人。

今日はもう我慢ならんので、害虫駆除の秘密兵器、
オルトラン粒剤をまきました( ̄ー ̄)

スポンサーリンク

オルトラン粒剤とは?

オルトラン粒剤とは、浸透移行性をもつ殺虫剤です。

浸透移行性とは、

バラの中に薬剤が浸透して、
そのバラをかじった虫さんがおだぶつ
になる

というものです。

効果のある害虫

オルトラン粒剤は、次の害虫に効果があるとされています。

効果のある害虫

  • アザミウマ
  • アブラムシ
  • チュウレンジバチの幼虫
  • ハモグリバエ
  • ケムシ・アオムシ
  • ネキリムシ
  • ヨトウムシ
  • コガネムシ幼虫


葉や蕾をかじる、にっくきヤツらをだいたい駆除できますね^^

オルトランには水和剤や、
粒剤があります。

オルトラン水和剤

バラ全体にスプレーや噴霧器で散布するので浸透作用が大きく、
葉や茎から吸収されて、バラのすみずみに行き渡り、効果大です。

ただ、空中に散布するものなので、防護マスクやゴーグルが必要で、
散布後は衣服を単独で洗濯、などの面倒があります。

小さい子やペットがいる場合、また、ご近所にも気を使います。

素早い効き目がメリットで、散布の手間などがデメリットですね

オルトラン粒剤

オルトランDX粒剤


バラの株元に少量パラパラとまくだけです。

散布方法が超絶簡単(^▽^)

これがメリットです。

水にとけて、その薬剤入り水分をバラが吸い上げることで、
バラに浸透していきます。

そのため、薬剤が行き渡るのに時間がかかる点と、
株元から高さ1mくらいの枝までが、防除できる範囲かな、と思います。

当ブログの農薬への考え

私は小さな子どもがいるため、庭に出来る限り農薬はまきたくありません。そのため2014年以降は、うどん粉病や黒星病に関しては無農薬にします。ただ、散布型ではなく、株元にまくタイプのオルトラン粒剤は害虫対策に使います。

スポンサーリンク

オルトラン粒剤の使い方

オルトラン粒剤のまく量は?

オルトランDX粒剤の注意書きには、
1株あたり1gと書いてあります。

でも、分かりにくいので、
実際に計ってみました^^

こちらが、1gです。

プリンの使い捨てスプーンでだいたい2杯くらいです。

丁寧に山盛りにすると、1杯くらい。

ご参考まで。

IMG_4997


株の大きさによって変わってくるかと思いますので、
適宜増減すれば良いと思います。

オルトラン粒剤のまき方は?

使い方はいたって簡単です。
バラの株元にパラパラとまくだけ。

こちらは鉢植えです。

写真では、一カ所に固まっていますが、
まんべんなくまいた方が効果的だそうです。

鉢植えにオルトラン


こちらは地植えです。

パラパラとまいて、気になる場合は軽く土をかけちゃいましょう^^
地植えにオルトラン


使用量は間違えないように、
裏面の注意書きをよくご覧くださいね^^

効果が出るまでのタイムラグにより、被害が出てからより出る前にまいた方が効果的です。

さいごに

オルトラン粒剤の使い方でした!

購入は、ホームセンターであれば、たいてい置いていますが、
もしなかったり、行くのが面倒なネットショッピング派の方は、こちらをどうぞ。

オルトランDX粒剤を楽天でチェックしてみる

コメント(メールアドレスは不要です)

  1. benefaction より:

    初めまして。バラを育て始めてから三年、まだまだ新米です。
    我が家には、「ピエール・ドゥ・ロンサール」「羽衣」「ゴールデンチャッピー」がいます。
     ピエールが三年目で、すっかり大株になりました。
    (枝を挿し木して、弱々しいながらも3株できました!)
    今年の春から株の全盛期を迎え、絶え間なく咲き続けてくれていました。
    ところが・・・。
    にっくき「ホソオビアシブトクチバ」のせいで葉が激減!
     
     我が家にも9歳と5歳の子供がいますので、極力薬には頼りたくなかったのですが、やむを得ずオルトラン粒剤を撒きました。
     少しでも早く良い結果が出るといいのですが・・・。
     と、長く私事を書いてしまいました。すみません。

     いつもオトメンパパさんのサイトを拝見しては「なるほど~」と参考にさせていただいています。
     内容もさることながら、言い回しの楽しさもあって、一度見だすとパソコンの前に座り続けてしまいます。

     これからもたくさんのバラたちのお話を楽しみにしています。

    • オトメンパパ より:

      benefactionさん、はじめまして~

      ホソオビ・・・にっくいですよね!
      せっかくのピエールさん、残念ですね。

      でも、うちもかなりやられてしまいました・・・(^^;

      あと、大きくなったホソオビには、オルトラン粒剤は、
      効きにくいかもしれません。

      これは詳しく調べてみたわけではないのですが、
      以前、まいても葉の食害が減らないな~と、思った印象があります。

      言い回しが気に入っていただけて、うれしいです(#^.^#)

      これからも、宜しくお願いしますね!

  2. tamakko より:

    バラは育てるのが大変、というイメージがあり新居に越してきて庭に植える気は全くなかったのですが、ご近所の方がかなり植えられていたのをみて、軽い気持ちでホワイト・クリスマス(つるばら)とドンファンを買って庭植えしております。
    右も左もわからない中でオトメンパパさんのブログはとても参考になります。ありがとうございます。ホワイトクリスマスの黒星病がひどいので早速ご紹介されていた黒の墨汁と液肥で試してみたいと思います。
     最近よくネオニコチノイド系(EUではもう禁止されていますよね)の農薬はミツバチにも影響があるかな・・・と思い使いたくないのですが、害虫予防薬で何かご存じでしょうか。

    • オトメンパパ より:

      tamakkoさん、こんにちは^^

      私のブログが、ご参考になったようで、うれしいです。

      害虫対策は、なかなか難しいですが、過去にアブラムシを
      農薬以外でやっつける実験をしたことがあります。

      バラのアブラムシ!駆除を無農薬でやってみた!

      これ以外は、残念ながら、テデトール(手で取る)を主に使用しております・・・(^^;

      • tamakko より:

        オトメンパパさん、早速のご返信ありがとうございます。すごいですね!色々研究されていてすごいです。牛乳とは初耳です。それぞれじっくり読んで試していきたいと思います。あとは、手で取る・・・しかないのですね(泣)鳥肌がたちそうですが、植物を育てるということはそういうことなんですね。
         また、わからないことがあればご質問させて頂きます。よろしくお願い致します。
        最後になりましたが、これからもブログ楽しみに拝読させて頂きたいと思います。寒さも厳しくなってきましたのでどうぞご自愛下さい。

        • オトメンパパ より:

          tamakkoさん、こんにちは!

          ありがとうございます^^
          本当に寒くなりましたね!

          つるバラの誘引が、辛い季節になりました(笑)

  3. ふぉごふぉご より:

    初めまして!オルトラン粒剤、買ったはいいのですが、バラへの使い方や鉢に対して使う量などが今ひとつ分からず、枯らしたらこわいなーという思いでずっと躊躇していました。
    でも害虫被害がだんだん無視出来なくなってきたので、オルトラン 粒 バラ 使い方で検索しこちらにたどり着きました。
    こういう写真付きでとっても丁寧に説明していただけるのって、バラ初心者としては本当に本当にありがたいです。
    どうしてもお礼がいいたくて、コメント残しました。ありがとうございました。

    • オトメンパパ より:

      ふぉごふぉごさん、初めまして^^

      嬉しいコメント、ありがとうございます!

      記事を書いたかいがありました~
      これからも、たまに読みに来てもらえると、嬉しいです!