バラのアブラムシ!駆除を無農薬でやってみた!

ロザリアンの皆様、こんにちは!
オトメンパパです^^

先日、オルトラン粒剤でバラについたアブラムシを駆除したことを書きました。

オルトラン粒剤は効果が出るまで何日かかる?

にっくきアブラムシは、キレイに駆除できたんです。

ただ、アブラムシの天敵にも影響するところを目の当たりにしてしまいました・・・(ToT)

そこで、「何か良い方法はないですか?」と記事の中でお聞きしたところたくさんコメントをいただきました。
ありがとうございますm(_ _)m

教えてもらえたのも嬉しいのですが、読んでもらえてる!とわかってさらに嬉しかったです♪

そして早速、そのアブラムシ駆除の方法を試してみました^^

今回は、バラについたアブラムシを無農薬で駆除する、実験&レビューになります。

ただ、ちょっと画像がマニアックかも(^^;

バラについたアブラムシを無農薬で駆除するには?

教えていただいた、アブラムシの撃退法は次の6つです。

アブラムシを無農薬で撃退する方法
  • ハッパ乳剤
    有機JAS認定の作物にも使える、虫を窒息させる農薬です。
  • アルミホイルなどの光るモノを置く
    アブラムシは光るモノが苦手らしいですね。
  • 牛乳をまく
    牛乳も乾く時に、窒息させるようです。
  • 天敵を放す(テントウムシの幼虫・アマガエル)
    捕まえやすい丸秘スポットも(#^.^#)
  • 粘着くん
    でんぷんが主成分なので、安全性が高い窒息系の農薬です。
  • 木酢液&トウガラシ液を散布
    トウガラシを漬け込んだ木酢液を、希釈して散布するそうで駆除というより忌避効果を狙う感じ?

以上が、心優しいロザリアンの方々から教えていただいたアブラムシ撃退法です^^

窒息系が3つもあります。

ハッパ乳剤と粘着くんはダッシュで買いに行ったのですが、近所のホームセンターにはありませんでした。

そこで、手軽にすぐできる&以前から気になっていた牛乳を散布してみました。

そして、その結果をふまえて翌日に、同じ窒息を狙った片栗粉を溶いた液も散布してみました。

で、気になる結果を先にお伝えすると両方の散布で、

アブラムシは、半分以下になりました(^▽^)

次の写真は1日目に牛乳を散布し、2日目に片栗粉液を散布し、3日目に撮りました。

黒くなって小さく縮んでいるものが、主に牛乳で死んだアブラムシです。(2日経ったので縮んだ)

アブラムシ

緑色や薄い茶色のアブラムシは、生きているものや動かない死んでいる(片栗粉で死んで数時間)ものと、混ざっています。白いカスみたいなものは、片栗粉です。

私は、無農薬でこの効果であればけっこう使えるな!という印象です。

ただ、残念ながらデメリットも少しありましたので効果と一緒にご紹介しますね。

では、まずは牛乳から見てみましょう^^

スポンサーリンク

バラについたアブラムシに牛乳!

牛乳をいれたスプレー

バラについたアブラムシに牛乳をかけると、3割くらい駆除することができました。

でも、どうして駆除できるのでしょう?窒息といっても溺れる前にすぐ乾くような気がします。ちょっと気になったので、調べてみました。

すると、かけた牛乳が乾燥する時、アブラムシの気門(息を吸うところ)に牛乳の脂肪分がフタをして、窒息させるようです。

注意
そのため、低脂肪乳や薄めた牛乳では効果が弱くなる可能性があるようですね。

では、実際にまいてみます。

牛乳散布前のコスモス(バラ)の状態です。

牛乳でアブラムシ撃退ビフォー

たっぷりかけます。

牛乳でアブラムシ撃退途中

約2時間放置したあと、シャワーで洗い流しました。
その翌日の写真です。

牛乳でアブラムシ撃退アフター

この新芽からは、けっこういなくなりました。
ただ、他の新芽には↓まだたくさんついていたり、様々でした。

牛乳のデメリット

今回の、牛乳の散布方法や時間、気温です。

牛乳の散布方法と条件など
  • 成分無調整の牛乳をたっぷり散布
    アブラムシに、直接かからないと効きません
  • 朝8時半に散布(気温:13度)
    なるべく匂いが出ずに短時間で乾くよう、午前中に散布しました
  • 2時間後に水で流す
    放置するとニオイが出て、ハエも寄ってきてヤバイことになります

散布自体はとっても簡単です^^

あと、散布の翌日ヒラタアブの幼虫を発見しました。
オルトラン粒剤の時は影響のあった益虫ですが、牛乳の影響はなかったようです(*´ω`)

ヒラタアブの幼虫は牛乳でも元気

ただですね、牛乳はデメリットがありました。

牛乳散布のデメリット
  • 散布したら周囲が臭くなった
    まあ牛乳ですから、しょうがないですね・・・
  • 十数分後にはハエが寄ってきた
    暖かい時期だからか、ハエがすぐに寄ってきました(/ω\)
  • 葉や新芽付近に白い跡が残る
    かなり強いシャワーで洗い流しましたが牛乳の跡はけっこう残り、腐敗したりしないか少し心配です

デメリットはこんな感じでしょうか。

効果もありますが、デメリットも考えると次は別の方法が良いかな(^^;

デメリットが気にならない場合はアリですね。

では次に翌日、片栗粉液をまいてみました。

スポンサーリンク

バラについたアブラムシに片栗粉!

片栗粉とスプレー

片栗粉も同じく、アブラムシの窒息を狙った駆除方法です。

片栗粉を水に溶かしてアブラムシにかけ、乾く時に窒息させる作戦です。

これもだいたい3割、駆除することができました。

液の作り方はとても簡単で、片栗粉を大さじ1杯200ccの水で溶かすだけです^^

片栗粉を測る

温めて、トロミをつけようかとも思いましたが、効かなかったらやろうと思い、とりあえずはそのまま常温で溶かしました。

では、片栗粉液を散布します。

大発生の一歩手前、けっこういます(+_+)

ニュードーンに片栗粉を散布前

オラオラー!とたっぷり散布します。

ニュードーンに片栗粉を散布

片栗粉なので洗い流さず、翌日まで乾燥&放置しました。
翌日です。

・・・なんだか、たいして変わっていません。
(ちなみに、この矢印の羽虫は何でしょうね?)

ニュードーンに片栗粉を散布翌日

そこで、アブラムシを手の上に集めてみました。

すると・・・

全部生きているのかと思ったら、死んで固まっているものもけっこういました。
(からまっているあたりのとか)

生き死に半々

↓は、別のところで固まっていた、アブラムシです。完全に効いて、息絶えています。白いのは糊のようになった片栗粉です。

片栗粉で死んだアブラムシ

片栗粉も、なかなかの効果がありました。

今回の、片栗粉液の散布方法や時間、気温です。

片栗粉液の散布方法と条件など
  • 片栗粉大さじ1を200ccの水に溶かす
  • 16時くらいに散布(気温:20度)
    ちょっと用事があって、夕方になりました
  • 洗い流さない
    ニオイもないので、今回はそのままです
    ⇒追記:流した方が良いかも

超簡単です^^

あと、こちらも散布した翌日に、ヒラタアブの幼虫を発見しました!
片栗粉も影響はなかったようです(*´ω`)
翌日に、ちゃんと動いています。

片栗粉でもヒラタアブの幼虫はOK

では、片栗粉のデメリットです。

片栗粉液の散布のデメリット
  • 葉や新芽付近に白い跡が残る
    乾燥した片栗粉が残りますが、ぬかみたいな感じででんぷんかな?と思うとそんなに気になりません

というわけで、特にデメリットも今のところないので、なかなか簡単で効果があり、片栗粉使える!と思いました^^

追記
後日、レディエマハミルトンの葉っぱが、少し変になりました。

赤い丸の部分が、片栗粉をそのままにした葉っぱです。

片栗粉のあとの葉っぱ

照り葉っぽくなり、少しシワがでました。

同じように片栗粉液をまいた、コスモスやニュードーンはなんともなかったのですが、影響が出る葉っぱもあるようです。

丈夫そうな照り葉は影響が少なく、そうでない葉は洗い流した方が良いかもしれません。

まとめ

バラについたアブラムシを、無農薬で駆除する実験&レビューでした!

なかなか厄介なアブラムシですが、無農薬でも駆除できることがわかりました。

また、ヒラタアブの幼虫を、それぞれの散布の翌日に偶然にも2回も見つけられて、嬉しかったです(#^.^#)

けっこういるのかな?

ただ、上記の散布で根絶させるのは難しいと思うので、忌避効果のありそうな木酢液&トウガラシなども試してみたいな~と思います!

14 Comments

さとみ

オトメンパパ様、初めまして。
バラに関するあれやこれやを検索していて、こちらにたどり着きました。
色々とチャレンジされたことをとても上手にまとめてくださっていて、ものすごく参考になります。
我が家の庭は、今年で7年目に入りますが、転勤のために2009年から2012年までの3年間家を空けている間に、庭も荒れ放題となってしまいました。
バラも悲惨なことになっていて・・・なんとか立て直そうと昨年からいろいろ研究しつつ頑張っているところです。
これからも参考にさせてくださいね。

返信する
オトメンパパ

さとみさま

こんにちは。
コメントありがとうございます。

お庭、まずは雑草取りや剪定からでしょうか(^^;
大変そうですが、頑張ってください!

素敵なお庭になったら、また教えてくださいね^^

返信する
おき

こんにちは。
片栗粉はハダニにも応用できそうですね。
ありがとうございました。
夏場になってハダニが発生したら試してみようと思います。
ハダニ等で葉の裏面に散布したときは暫くしてから
洗い流したほうが葉っぱには安全かもしれませんね。
植物は葉の裏面に気孔があって酸素や二酸化炭素の
出し入れや水分の蒸散活動を行っているはずなので
暑い時期に長時間塞ぐ形になると何らかの障害がでる
かもしれませんね。

これからも実験よろしくお願いします。

返信する
オトメンパパ

おきさん

こんにちは。

そうですね、片栗粉も洗い流した方が良いかもしれません。
コスモスは大丈夫でしたが、レディエマハミルトンは、ちょっとシワシワしている気がしますので、ブログに追記しようかと考えていたところです。

> これからも実験よろしくお願いします。

了解です!

返信する
徒然草

牛乳の実験結果、母にも伝えようと思います。

母は

にんにくを植える。
マリーゴールドを植える。

などに挑戦中です。

GW、実家のバラはまだつぼみでした。

返信する
オトメンパパ

徒然草さん、こんにちは^^

うちにも、にんにくのすぐそばに植えてあるバラがあります。
ちょっと期待していたんですが、今のところ、特に何もないようです( ̄▽ ̄)

マリーゴールドはどうなんでしょう?

ニンニクとマリーゴールドに良い影響があったら、
また教えてくださいね。

返信する
Sasha

おとめんパパさん、はじめまして。
私は最近お庭のガーデニングに目覚めて、特にバラに興味を持っています。
おとめんパパさんの記事はとても実用的かつ実践的で本当に参考になります。
また、バラにたくさん愛情をもって接していらっしゃるのが分かって素敵だと思います。
実は先日、何年前に植えたのかも、種類も何も分からない、ずっと放置されていたバラを剪定しましたら、何と新しいシュートがジャックと豆の木みたいに、ぐんぐん伸びて来て、すっごく喜んでいました。ところが昨日、たくさんのつぼみにアブラムシが発生しているのを発見!全部手で駆除したつもりでしたが、今日家に帰ると、アブラムシが着いていた部分が黒くなってしまっていました。
このままつぼみはダメになってしまうのかわかりませんが、やられた!!と思いました。数日前には何ともなかったのに、あっと言う間に蔓延するんですね。
他の種類の花(大きなサボテン系です)にもついていました。
あと、他のつるバラ(Eden Rose)は、小さな青虫みたいなのが、新芽の葉っぱをもりもり食べてしまい、葉っぱはまあるく穴だらけになってしまいました。
とりあえずアブラムシには片栗粉試してみようと思います!
今後も参考にさせていただきます:)

返信する
オトメンパパ

Sashaさん、はじめまして!

シュートがぐんぐん伸びて良かったですね。
手をかけた分、反応があるので嬉しいですよね^^

アブラムシは無農薬でやろうとすると大変ですが、頑張ってくださいね。

もし農薬に抵抗がなければ、オルトラン粒剤は、おすすめですよ。

では~^^

返信する
きりん

アブラムシには温州みかんまたは温州みかん系の改良種でいいのですが みかんを食べて剥いた後の皮を細かくちぎってバラの根本にまくんです
すると消えました
農家のおばちゃんの知恵だとかでどこかでみました やったら 本当に簡単でした びっくりしました ゴミを使えていいです

返信する
オトメンパパ

きりんさん、こんにちは。

本当ですか!?

是非試してみたいと思います。
おああちゃんの知恵、すごいですね~

ありがとうございます^^

返信する
匿名

粘着君は洗い流さないと、葉が呼吸できなくて枯れてしまいます。
サトイモ科の観葉を育てていただのですが室内なのでシャワーをぶっかけるわけにもいかず、大分からしてしまいました。

結果的にオルトラン最強説が有力です。

返信する
スティーヴィー・よんだー

はじめまして^^
初めて鉢植で菊の栽培を始めたのですが、
すぐにアブラムシが発生してしまい、
検索中にこちらのブログにたどり着きました。

参考にさせていただき、試してみたいと思います。
貴重な情報ブログ、ありがとうございます^^

返信する
オトメンパパ

スティーヴィー・よんだーさん、こんにちは。

菊も立派でキレイですよね。
ご参考になれば幸いです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。