未熟な堆肥を完熟させます

こんにちは、オトメンパパです^^

バラの本などで、よくこういうことが書かれています。

  • 「堆肥は、完熟しているものを使いましょう。」
  • 「安価な堆肥は、発酵が未熟であることがあります。」


完熟した堆肥は、バラにとって、とても良いものです。

しかし、未熟な堆肥を土に混ぜて使用すると、
土の中で発酵が始まり、その発酵時の熱やガスによって、

根っこを痛める恐れがあります。


これはよく聞きますよね。

でも、続きがあります。

さらに、土の中で未熟な堆肥が発酵分解される時、
チッソ(葉を茂らせる肥料)を使います。

そのため、
バラへまわる肥料分から、チッソ分が少なくなります。


せっかくあげた肥料を、堆肥の分解で使われてはたまりません(;´Д`)

そこで今回は、

未熟な堆肥を追熟して、バラにより良い完熟堆肥を作りたい

と思います。

完熟堆肥を仕込む材料

堆肥を完熟させる方法は、こちらの本を参考にしました。

IMG_7683


オーガニックバラを育てる場合だけでなく、
善玉菌が活性化した土壌がバラの生育に良いことがよくわかります。

それでは、完熟堆肥を仕込む材料です。
左から、米ぬか(善玉菌のエサ)、馬ふん堆肥、菌の黒汁と水、段ボールです。

完熟堆肥の材料


分量は、堆肥:9に対して米ぬか:1の割合です。

善玉菌は、手作り油肥を作る時に使った、菌の黒汁を使います。

その時の様子はこちらです。

「Dr.真島のバラ用手作り油肥を作ってみました!」


水分量を見ながら、善玉菌の希釈液を足していきます。

こちらで、この液を使った、堆肥作りが紹介されています。

菌の黒汁スタッフブログ「堆肥作り」


このブログの中で、

~引用ここから~
菌株残渣に牛フン(菌株残渣に対し牛フン約30%)を加え管理機で攪拌。
「菌の黒汁」500倍希釈液を潅水。
5~7日に1回、合計4~5回の切り返しを行なう。
30~45日程度で完熟堆肥が完成。
(中略)
発酵・腐熟のスピ-ドは半端じゃないんです!!
~引用ここまで~


と、ありました。

今回はイチから発酵させるのではなく、
追熟させるので、完熟するスピードにも期待できそうです^^

この商品、オトメンパパの自宅から行けるホームセンターには、
売っていないので
、通販で買っています。

<追記>
売っていました!

しかも、ネットより安い、1,700円弱^^
なので次からは、ホームセンターで買おっと。

次に、堆肥の熟し具合の見分け方です。

スポンサーリンク

堆肥の熟し具合の見分け方

堆肥の熟し具合は、においを嗅いでみると、ある程度わかります。

<堆肥の熟し具合チェック>

  1. いやなにおい:腐っている可能性大
  2. 刺激臭:未熟な堆肥
  3. 木の香り:未熟な堆肥
  4. 甘酸っぱい:発酵途中の堆肥
  5. 土の香り:完熟堆肥


今回ホームセンターで買った馬ふん堆肥は、「3の木の香り」でした。

また、見た目でもある程度判別できます。

じっと見て、その堆肥が土のような細かい感じであれば、
発酵分解が進んでいるといえます。

今回使う馬ふん堆肥は近所のホームセンターで、
40リットルで498円でした。

先日作った、Dr.真島の手作り油肥の材料で使った、
平田ナーセリーの完熟された馬ふん堆肥は、12リットルで504円でした。

私がホームセンターで買った馬ふん堆肥は安かったのですが、
堆肥の発酵具合は、完熟しているとは思えませんでした(*_*)

良い香りなんですけどね(^^;

馬ふん堆肥と米ぬか&善玉菌で完熟堆肥を作る

ではでは、仕込み開始です^^

まず、段ボールを布テープで補強します。

湿気を吸うので、しっかりと。

段ボールを補強する1


段ボールに馬ふん堆肥を投入します。

馬ふん堆肥のアップです。

さわった感じでは、湿ったおがくずのようです。

馬ふん堆肥のアップ


Dr.真島がおすすめする、平田ナーセリーの馬ふん堆肥とはだいぶ違います(^^;

<平田ナーセリーの馬ふん堆肥>

手作り油肥003_馬ふん堆肥アップ


こちらは、細かくなっていて、においも土のようなにおいでした。

燻炭も混ざっているようで(これは見た印象です)、
手間がかかっているように思えました。

米ぬかを投入し、良く混ぜます。

馬ふん堆肥と米ぬかを良く混ぜる


菌の黒汁の100倍希釈液を入れます。

菌の黒汁の希釈液を入れる


菌の黒汁は、500mlのペットボトルに、小さじ一杯(5cc)入れました。

ちょうど100倍です。

塩素で善玉菌が死ぬかと思ったので、水は浄水器の水を使いました。

水分の量は、手で握って、かたまりができるかできないか、くらいです。

馬ふん堆肥の水分量

水分量が多いと失敗しやすいので、少なめで。

底からよく混ぜます。

馬ふん堆肥を底からよく混ぜる

箱を傾けると混ぜやすいです^^

発酵させる置き場所には、通気性を確保するために、
花壇を作る時に余った石材を置きました。

置き場所にレンガをひく


外に置く分は、全部で箱3つ分仕込みました。
いくらあっても良いものなので(^▽^)

馬ふん堆肥が1つ分、牛ふん堆肥も混ぜたもの(後述)を2つ分です。

置いたところ


このあとは、5日おきくらいに底からよく混ぜて
2か月くらい放置します。

ただちょっと今(12月)寒い時期なので、もう少しかかるかもしれませんね。

未熟な馬ふん堆肥が、どう変化するのか、とても楽しみです^^

スポンサーリンク

牛ふん堆肥も追加

続いて、堆肥の半分を牛ふん堆肥で仕込んだものです。

いつも使う牛ふん堆肥です。

40リットルで298円。かなり激安です^^

激安なんですが、熟し具合はどうかというと・・・

牛ふん堆肥のアップ


においは上記の見分け方でいうと、「5の土の香り」です。

堆肥をよく見ても、ほとんど原型をとどめていないので、
発酵が完了しているように見えます。

なので、先ほどの未熟な馬ふん堆肥と一緒に入れることで、
馬ふん堆肥発酵の助けになる?という感じで、仕込みます。

牛ふん堆肥自体も、さらに発酵して、もっと良い堆肥になるかもしれません。

馬ふん堆肥と牛ふん堆肥を混ぜる


よ~く混ぜます。

馬ふん堆肥と牛ふん堆肥と米ぬかをよく混ぜる


水分量です。

馬ふん堆肥と牛ふん堆肥の水分量


混ぜ終わりました^^

馬ふん堆肥と牛ふん堆肥を混ぜ終わった


結局、段ボール箱4つ分の堆肥を仕込みました( ´∀`)

1つは室内玄関の中、3つは外に置きます。

さいごに

堆肥を完熟させる!でした~。

堆肥完成後にまた、ご報告しますね。

できれば、バラの植替えに間に合って、使えたら良いな~と思っています。

コメント(メールアドレスは不要です)

  1. sangoapollomama より:

    バラに魅了され初心者ですが、太い落とした枝で挿し木をしてみたくて探していたらとても参考になるページが見つかりとっても助かりました!

    我が家のベランダでうどん粉病がなかなか消えません。ヘルシューレンも殆ど葉がなく・・。どうしたらよいでしょうか?

  2. さとやん より:

    昨年末よりバラに魅入られた初心者です。
    未熟な堆肥を完熟させようと頑張っているのですが、中々醗酵しません。
    米ぬかと菌の黒汁と馬糞と牛糞で良かったですか?
    教えてください。よろしくお願いします。

    • オトメンパパ より:

      さとやんさん、こんにちは。

      私の場合、冬場は温度があまり上がらないので、なかなか発酵しませんでした。
      春まで原型がけっこう残り、春以降で気温が上がってくると、ぐんぐん分解されていきました。
      そのため、今ならブルーシートなどをかけて保温するのも効果的です。
      しかし、春までは待った方が良いかもしれませんね。

      > 米ぬかと菌の黒汁と馬糞と牛糞で良かったですか?

      良いと思います。もし、発酵を促進させたいなら、微生物入りの資材を入れると良いでしょう。
      (けっこう高いので私は入れませんでした)