バラの害虫尺取虫と食べたあとのご紹介

こんにちは、オトメンパパです^^

今回は、バラを食害する、にっくき害虫である、
ホソオビアシブトクチバ(尺取虫)をご紹介します。

そんなもん、紹介するな!

って声が聞こえてきそうですが・・・(^^;

もしかしたら、ヤツはかくれんぼの名人なので、
食害された葉を発見したものの、虫が見つからず、
困っている方がいるかもしれないので^^

というわけで、変な名前のホソオビアシブトクチバ君です。

ホソオビアシブトクチバの食害跡

地植えのバラ・コスモスです。
強健なんですが、虫が好きみたいで、
コイツはよく食べられています。

赤丸のところが食害跡です。
ホソオビアシブトクチバ006

新芽の柔らかい葉っぱだけ食べます。
食べられた葉は、五枚葉の真中の筋だけ残ります。

こちらは鉢で栽培中の挿し木苗の同じくコスモスです。

せっかくの新芽が・・・
これでは花は望めません(;∀;)
ホソオビアシブトクチバ010

ホソオビアシブトクチバは隠れるのがうまい!

この変な名前の尺取虫は、
とても隠れるのがうまいです。

昼間はかなり見つけるのが難しいです。
大きな株だと、適当に見ていても、まず見つかりません。

夜行性なので、夜に懐中電灯で、
新芽をむさぼっているところを探すのもアリですね。

隠れているところは色々ですが、
だいたい食害のあった葉っぱの下の方に枝をたどっていって、
葉が混みあっているところで、よく見つけました。

こちらは大きめの葉の筋の裏に張り付いていました。
裏返してみて、発見しました。
ホソオビアシブトクチバ002

こちらは葉が混みあっているところをかき分けるといました。
ホソオビアシブトクチバ004

こちらはバラではなく、
鉢の隅に寝そべっていました。
ホソオビアシブトクチバ011

見つけにくい本当に厄介な虫です。

来年は、オルトラン粒剤をちゃんとまくようにしよう・・・

読んでいただき、ありがとうございました。

4 Comments

ぐらはむとーます

こんにちは
とても役立つ情報ありがとうございます。バラを育て始めて、もう10数年・・・。いろんな病気や害虫を経験してきて、昨年くらいからチュウレンジバチ、バラクキバチのどちらかが来るようになって、新芽がグンニャリ。オトメンパパさんは経験されたことはありませんか?退治する方法をご存知でしたら教えてください。これからバラの季節だというのに数日前から、庭に出るのが辛くなっています。黒星病、うどんこ病なんかより、これが一番悩みのもとです。よろしくお願いいたします!

返信する
オトメンパパ

ぐらはむとーますさん、こんにちは^^

害虫、いやですよね~!もうウンザリです。。。
バラゾウムシもせっかくの新芽を台無しですよね。

ただ、駆除方法はもうテデトールとオルトランくらいしか、思いつきません。
ごめんなさい。

オルトランをまいて、お世話をかねた見回りで対応しています。

返信する
ぐらはむとーます

ありがとうございます!
そうなんですね~?
テデトール・・・私もやってるんですが、飛んでいるものはなかなか(笑)
オルトランも卵を産み付けるハチには効かないし・・ってことで困ってました。
でも、見回りをより強化して取り組んでみますね(大袈裟な表現!(笑))
もし、何か良い方法を見つけたら是非教えてくださいね!m(__)m

返信する
オトメンパパ

良い案がなくてすみません・・・
しかしあのハチ、なんでか手でつまめますよね?
飛んで逃げたりしないのは、産卵に必死だからでしょうか・・・
普通、羽虫って手で捕まえられないですよね(^^;

良い案があれば、お伝えしますね!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。