Dr.真島のバラ用手作り油肥を作ってみました!

こんにちは、オトメンパパです^^

今回は、ある本を読んでから、
ずっと気になっていたバラの特製肥料を作ります。

その本はこちらです。
オーガニックな本

Dr.真島こと、真島康雄先生の本です。
ご存知でしょうか?

真島先生はお医者さんをされていて、
医師という立場から、細菌の活動に注目された、
オーガニックのバラ栽培を実践されています。

今回は、この真島先生がおすすめする、

Dr.真島のバラ用手作り油肥を作ってみたので、
作り方
などをご紹介しますね。

Dr.真島の本を読んでみて

オーガニックと聞けば、つい読みたくなってしまうので、
買って読んでみました^^

内容は、けっこうためになり、面白かったです。

うどん粉病と黒星病に対するオーガニックの対応策が、
今、私が実践している、米ぬかをまくことよりも、
一歩進んだ印象を受けました。

その対応策は、じょじょに実践していくつもりです。
また、報告できるようになったら、当ブログでご報告しますね^^

手作り油肥を知る

で、
今回はその本の中で、手作り油肥というものが、
紹介されていました。

それは、

馬ふん堆肥に使用済みのサラダ油を加えて作る

のですが、めちゃくちゃ効果が高いらしいのです。

使用済みのサラダ油!?

へ~

そんなのが肥料に(?_?)

という印象で、とても意外な肥料でした。

ただ、この本を読んだ直後は、
作ってみたい!
とまでの、情熱はわいてこなかったので、
気にはなるけど、へえ~で、その時は終わっていました。

しかし、つい最近発行されたバラ本に、
真島先生の、さらに改良された手作り油肥が紹介されていました。

↓こちらの本
IMG_7682

そして、その油肥を施肥したバラと、
施肥しなかったバラの比較が写真で紹介されていたのです。

その差が・・・

(;゚Д゚)

その差がかなりあり、

作らずにはいられなくなりました( ´∀`)

と、いうわけで作り方のご紹介です~

手作り油肥の作り方

材料

まず、材料です。

上記の1冊目の本と2冊目の本では、
レシピが違います。

2冊目の本の方が新しいので、
2冊目のレシピで作りました。

こちらが材料です。
手作り油肥001_R

左から、

  • 馬ふん堆肥:4リットル
  • 使用済みのサラダ油:0.5リットル
  • 菌の黒汁:キャップ一杯(適当)
  • 骨粉入り油粕:1.5リットル

です。

材料として使用する量を右側に書きました。

あと、
馬ふん堆肥は、平田ナーセリーという業者さんのものが良いそうです。
九州の園芸屋さんです。

ちょっと値段が高いので、違う馬ふん堆肥もよぎりましたが、
とりあえず最初なので、言われる通りの馬ふん堆肥にしました。

この馬ふん堆肥には、ある種の酵母が含まれていて、
この酵母が発酵に良い影響があるようです。

サラダ油は未使用でも良いそうです。

菌の黒汁は、バラ本の広告ページにたまに載っていますね^^
量は、レシピに記載されていなかったので、
適当にキャップ1杯入れました。
(匂い対応に入れるとあったので、少しでも良いかと)

骨粉入り油粕も入れることで、バランスが良くなるそうです。

材料には、燻炭も入れるように書いてあったのですが、
これも匂い対策とあったし、家になかったし、入れていません(--;

スポンサーリンク

材料を混ぜます!

では、作っていきま~す^^

1)まず、馬ふん堆肥を半量2リットル計ります。
この黄緑バケツは3.5リットルなので、半分ちょい。
(ある程度は増減しても大丈夫だと思います)
手作り油肥001_馬ふん堆肥2L

馬ふん堆肥は、さらさらしていて、匂いもありません。
完熟しています^^

馬ふん堆肥に水分が多いと、失敗する可能性があるので、水気が多い場合は、日陰で乾かしましょう(日向だと酵母菌が死滅します)。水気が多い馬ふん堆肥で作った、未熟な油肥を使い、バラが枯れかけた方もいるので要注意です。

2)馬ふん堆肥2リットルにサラダ油を全量入れます。
揚げ物の良い匂いがしました( ´∀`)
手作り油肥004_油注入

馬ふん堆肥を半量とするのは、いきなり全量入れると混ぜにくいためです。

3)よく混ぜます。
手作り油肥005_混ぜる

4)混ざったら、残りの馬ふん堆肥2リットルを少しずつ足して混ぜていきます。
手作り油肥007_R

5)骨粉入り油粕も少しずつ入れて、混ぜていきます。
手作り油肥010_油粕投入

6)適当なところで、菌の黒汁も入れて混ぜます。
手作り油肥013_R

7)均一に混ざったら完了です。
手作り油肥015_完了

アップです。
思ったよりサラサラしています。
匂いは、スバリ揚げたパンの耳。
手作り油肥016_完了2

8)虫よけにふたをしました。
手作り油肥017_容器にふた

ただ、この肥料は好気性の微生物の力で発酵するようなので、
できれば、ふたは通気性がある方が良いかも、です。

私も何か良いふたを探します。

9)このあと、本によると1週間おきに底からよくかき混ぜ、
4~6週間経つと完成です。

私は、好気性の発酵とのことなので、
3日おきくらいにかき混ぜようと思っています。

発酵完了の判断は、ペットボトルなどを半分に切り、
そこへ油肥を1/3くらい入れ、水を注ぎ、よくかき混ぜます。

3日間そのまま放置して、べたっとした油が浮いてこなければ、
発酵により、油が完全に分解されたことになります。

施肥の仕方

かなり濃厚な肥料とのことなので、鉢植えでは、
一握り程度、地植えならスコップ半分程度を、
置き肥または、土中に漉き込めば良いそうです。

今日が11/1なので、寒肥に間に合いそうです(^▽^)

どんな効き目があるのか、とても楽しみです!!

読んでいただき、ありがとうございました。

コメント(メールアドレスは不要です)

  1. 匿名 より:

    作ってみたいですが菌の黒汁探せるか?今から出かけます。ありがとうございました。