ピエールドゥロンサールが開花!日なたと半日陰対決!

こんにちは、オトメンパパです^^

庭で、あのバラが咲きました。

そう、ロザリアンなら一度は気になったことのある?
ピエールドゥロンサールです^^

持っている人も多いんじゃないでしょうか?

あのまきまきの花びらと、白からピンクへのグラデーションは、
美しさと可愛いさが同居した、お姫様みたいなバラです。

これで香りがあって、秋にも良く咲いたら、
私はピエールドゥロンサールを、バラの女神って呼びます( ´∀`)


で、今回は開花のご報告なんですが、
けっこう色々なところでも、紹介されていますよね。

なので私は、ちょっとひねりまして・・・

日なたと半日陰では、咲き具合に差はあるのか?

これを一緒にご紹介したいと思います!

ピエールドゥロンサールが開花!花持ちよし!

ピエールドゥロンサールが開花しました^^
日なたのピエールドゥロンサール4

いや~本当に可愛いですね。

まきまきの大輪で、咲いていると、
お!って目をひきます。


私が育ててみた、感想や気づいた点をまとめますね。

ピエールドゥロンサールの特徴

  • 樹形:つるバラ 枝は2m以上伸びる(地植え)
  • シュート発生:普通?(1年間でシュートは太さ1.5センチのものが1~3本)
  • 枝・トゲ:普通
  • 花色:外側が白っぽいピンク~中心部はピンク色
  • 花形:まきまき~ロゼット咲
  • うどん粉病:無農薬で発症せず
  • 黒星病:無農薬で少し発症した
  • 花もち:良い
  • 多花性:春はたくさん咲き、秋は咲かない※
  • 香り:ほとんどない

※樹齢が上がってくると、返り咲くらしい

全体の株姿です。

日なたのピエールドゥロンサール1

ラティスを右半分には設置したのですが、
左半分は設置できませんでした。

なので、やや強引に右の方へ誘引されています。


次は、蕾の状態から、咲ききるまでのお花のご紹介です^^

ピエールドゥロンサールの蕾~咲ききるまで

蕾のピエールドゥロンサールです。

清楚って言葉がピッタリ。
ピエールドゥロンサールの蕾

ゆるんできました^^
ピエールドゥロンサールが開花1

まきまきが確認できるようになってきました。
ピエールドゥロンサールが開花2

色のグラデーションが良いですね。
ピエールドゥロンサールが開花3

このくらいが好き( ´∀`)
ピエールドゥロンサールが開花4

開いてきました。
ピエールドゥロンサールが開花5

たまにしべが見えます。
ピエールドゥロンサールが開花6

咲ききったところも可愛いです。

これで10センチくらいあります。
ピエールドゥロンサールが開花7

花持ちは良いです。

やぱり香りと関係あるのかな?

続いて、日なたと半日陰で、ピエールドゥロンサールを比較してみました^^

日なたのバラと半日陰のバラで比較!

日なたのピエールドゥロンサール2

今までご紹介してきたピエールドゥロンサールは、
南向きの「日なた」に地植えされています。

今の時期は、ほぼ1日中、お日様が当たります。

秋になっても、10時以降はずっと日なた。

日なたのピエールドゥロンサール3

もし、このピエールドゥロンサールに人格があったら、

良い場所に植えてくれて、ありがとっ

って、ほっぺにチュウしてくれることでしょう(≧▽≦)


で、この日なたのピエールドゥロンサールに対して、
我が家には、もう1つピエールドゥロンサールがあります。

植える時に、せっかくだし日なたと半日陰で分けてみよう!

ということで、もう1つのピエールさんには、
裏庭の半日陰に行ってもらいました。

で、半日陰では今どんな感じなのでしょうか?

スポンサーリンク

半日陰のピエールドゥロンサール

こちらが半日陰のピエールドゥロンサールです。
半日陰のピエールドゥロンサール全体

同じ日に写真を撮ったのですが、日なたのは、
ほとんどの蕾が開花しているのに対して、
こちらは、やっと数輪咲き始めた程度です。


日当たりは西向きで、いつの季節も、11時~15時まで、
4時間くらい日が当たる半日陰です。

このくらいの日照時間ですと、日なたとの開花には、
約1週間の差がある感じでした。


でも、蕾はたくさんついているので、
これから咲くことは間違いなさそうです^^
半日陰のピエールドゥロンサール蕾ばかり

極太のベーサルシュートも発生しましたので、
元気はかなり良さそうです^^


たぶん、このピエールドゥロンサールに人格があったら、

もうちょっと、良いところに植えてよねっ

って可愛く叱られることでしょう( ´∀`)

・・・どっちもアリですね。

<追記 8日後>
裏庭のピエールドゥロンサールは、1週間ほど遅れて咲きました^^
裏庭ピエールドゥロンサール全体が満開

おわりに

今回は、ピエールドゥロンサールの開花と、
日なたと半日陰での、咲き具合の違いでした。

じっくり見ると、改めて良いバラだな~と思いす。

さすが殿堂入りして、一家に一株と言われるだけあります(?)


次の開花報告は、ルージュピエールドゥロンサールか、
シャルロットオースチンです^^

読んでいただき、ありがとうございました。

コメント(メールアドレスは不要です)

  1. エネ より:

    はじめまして。バラについていろいろ調べていたらオトメンパパさんのブログに2度もお邪魔させて頂きました。バラやガーデニング好きな旦那様素敵ですね。
    ピエールは私も大好きなバラです。最初にお庭に地植えたのがピエールドゥロンサールでした。同時にブランピエールです。夏に植えて翌年の6月にはすごーく伸びてビックリするほど沢山咲いてくれました。いつか、返り咲いてくれるといいなと思っていたのですが、それがなんと植えた翌年には冬まで何度も何度も咲いてくれました。話が長くなりすみません。5苗のピエール、1ブランピエールとも咲いてくれました。6月の満開みたいとはいきませんが、1苗から2~5個くらい?冬までどれかしら咲いてました。びっくりです。オトメンパパさんのピエール達も返り咲いてくれるといいですね。突然おじゃましてすみませんでした。

    • オトメンパパ より:

      エネさん、はじめまして!

      たくさんのピエールドゥロンサールが咲く姿が、想像できそうです^^

      ピエールドゥロンサールが、大好きなんですね!

      うちのは、秋は残念ながら咲きませんでしたので、また来年に期待で~す。