バラのスリット鉢8号⇒10号へ鉢増し

こんにちは、オトメンパパです^^

今日は植付け植替えを3つ行います。
レオナルドダヴィンチさんの鉢増しは、その第三段です。

スリット鉢の8号で育てていた新苗を今回、10号へ鉢増しします。
4号⇒6号⇒8号⇒10号と順調に生育しています。

8号に植え付けているレオナルド・ダ・ヴィンチと、10号鉢です。
一回り大きいです。
レオナルドダヴィンチの鉢増し8⇒10号へ01

ちなみに、バラは小さな苗をいきなり大きな鉢に植え付けると、良くありません。
それについては、レオナルドダヴィンチの鉢増し6号⇒8号をご覧くださいませ。

スリット鉢のスリット部分から、白根が確認できましたので、鉢増しします。
レオナルドダヴィンチの鉢底から根っこ01

こちらは、普段使用している土達です^^
普通にホームセンターに売っている物を使用しています。
普段使用している土達

鹿沼土と培養土を5:5の割合でよく混ぜ合わせます。
鹿沼土と培養土を混ぜる

そして、鉢の底に少量の土を入れます。
5cmくらいでしょうか。
レオナルドダヴィンチの鉢増し8⇒10号へ土を少量入れる

試しに高さ確認のため、入れてみました。良い感じです^^
レオナルドダヴィンチの鉢増し8⇒10号へ試しに8号を入れる

それでは、鉢から苗を抜きます。
この時、鉢を倒して鉢の側面を一周トントンと叩きます。

土がほぐれたら、苗の根本を手で支えた状態で、鉢を斜めにひっくり返します。
そうするとズズっと苗が抜けます。

だいぶ枝が長くなっていたので、折れないように慎重にしました。

なんとなく、バラを愛するがゆえに、いたわる気持ちが出て、軍手を外して素手でやったところ、
ベーサルシュートの鋭いトゲにやられました(涙)

変ないたわりは無用ですね”(-“”-)”

脱線しましたが、根っこの確認です。

うおっ!

めっちゃ健康そうな白根がわっさりと!

素晴らしい私の栽培管理ですね。
スリット鉢の威力ですね。
レオナルドダヴィンチの鉢増し8⇒10号へ根っこ確認01

もっさもさです。

先ほど、イングリッシュローズを植え替えましたが、こんな根っこではありませんでした。
その時の様子も近々アップしますね。
レオナルドダヴィンチの鉢増し8⇒10号へ根っこ確認02

そっと苗を入れ、傾きを確認しつつ土を入れて、お水をたっぷりあげたら、完了です。

うどん粉を患いましたが、米ぬかパワーで回復し、ずいぶんと大きくなりました。
その時の記事はこちら「うどん粉病に米のとぎ汁と黒砂糖」です。
レオナルドダヴィンチの鉢増し8⇒10号へ完了

あと2本くらいベーサルシュートが出てほしいんですが、どうでしょうか。

ここから追い上げるか、一本目の枝からガンガンとシュートを出し続けるのか。
見守りたいと思います。
写真は、サイドシュートかな?
レオナルドダヴィンチのサイドシュート?

今日も読んでいただき、ありがとうございました!