バラの剪定!良い芽がない時はどこで切る?

バラの剪定で芽がない時は?

こんにちは!オトメンパパです^^

春は良いですね~。枝だけだったバラが一斉に芽吹いて、小さな芽もあっという間にきれいなグリーンになります(*^o^*)

花も良いんですけど、私はこの若葉の時期も大好きです。

さて、こういう素敵な芽吹きを迎えるために、冬の間にバラを剪定されると思いますが、上記の画像みたいに良い芽がない時はどうしていますか?枝のだいぶ上の方には芽があるけど、上過ぎる・・・切りたい高さには、全く芽がない!(涙)という場合です。

そこで今回は、そんな時に剪定する箇所をご紹介しますね^^

良い芽がないバラってどんなバラ?

それでは、まずは良い芽を見てみましょう。少し赤みがかっていて、ぷっくりしている芽ですよね。良い!って言いたくなります^^

ローズ・デ・キャトル・ヴァン良い芽

でも、こういう良い芽って前年に伸びた新しい枝につきますよね?株元からのベーサルシュートですと、ちょうど良い高さに良い芽がきます。

ですが、そうでない、株の上の方の枝から出たシュートの場合は、当然ですがさらに上に枝が伸びて、その枝に良い芽がついていることになります。

植えてから何年か経ったバラだとよくこういうことがあって、鉢植えの剪定ですと、そういう枝は高さ的に切りたくなることが多いですよね。

例えばこちらのローズ・デ・キャトル・ヴァン。剪定後の写真ですが、右側に伸びた枝以外は古枝です。このバラは、我が家の環境に合わないのか、元々弱いのかわかりませんが、雨のあたる場所へ置いておくと、すぐに葉っぱを落とすんです。年中葉っぱがない感じ(涙)

ローズ・デ・キャトル・ヴァン全体A

そのため、生育不良気味で株元からのベーサルシュートの発生は、2年くらいありません。。。ですが、大輪種ですし、株のサイズから見て、枝を長く残してもヒョロ~とするだけですので、ちゃんと剪定したいと思いました。

スポンサーリンク

剪定したい高さにバラの芽がない時は?芽の出る箇所その1

それでは、良い芽がない時に切る箇所の1つ目です。真ん中の矢印の部分「芽の跡」です。

ローズ・デ・キャトル・ヴァン芽の跡2

芽がないように見えますが、この芽の跡の上で切ると・・・春にはこの通り!

ローズ・デ・キャトル・ヴァン芽の跡から出た2

上の芽の跡を観察してみると、芽の跡の左右に小さな粒「副芽」があります。これが目を覚まして伸びてくれるわけですね^^

こちらも。矢印が芽の跡です。

ローズ・デ・キャトル・ヴァン芽の跡1-01

こちらからも芽が出ました^^角度が少し違いますが、同じ枝です。

ローズ・デ・キャトル・ヴァン芽の跡から出た1-01

こちらも。同じくデルバールのリパブリック・ドゥ・モンマルトルなんですが、芽の跡の左右から芽が出ています。

リパブリックドゥモンマルトルから芽が出た

続いて、2つ目の芽が出る箇所も見てみましょう。

スポンサーリンク

良い芽がなくても芽の出る箇所その2

続いて、良い芽がなくても芽の出る箇所2つ目は、「枝の分岐」です。こういう部分です(ちょっとボケててすみません)。

レディ・エマ・ハミルトン枝の付け根ビフォー

枝の分岐のすぐ上で切ると・・・ちゃんと芽が出ます(やっぱりボケててすみません)。

レディ・エマ・ハミルトン枝の付け根から芽が出る

正面からは何回撮ってもボケましたので、少し上の角度から。

レディ・エマ・ハミルトン枝の付け根から芽が出る2

まだちょっとボケるので、真上から。無事に芽が出ているのが確認できます^^

他の葉っぱが展開していることから、芽が出るのは遅くなる傾向がありますね。

レディ・エマ・ハミルトン枝の付け根から芽が出る3

それでは、先程のローズ・デ・キャトル・ヴァンでも見てみましょう。

2が2つ目の切る箇所というか、芽が出る箇所「枝の分岐」です。1と3は芽の跡ですね。黒い矢印は枯れているので切りました。

ローズ・デ・キャトル・ヴァン芽の跡3-01

無事に芽が出ました(*^u^*)

ローズ・デ・キャトル・ヴァン芽の跡から出た3-01

この2を別角度から。良い感じの芽が出ていますね。これもやはり、芽の跡と同じ「副芽」なのでしょうね。

ローズ・デ・キャトル・ヴァン枝の付け根から芽が出た

さいごに

バラの剪定で良い芽がない時は?というお話しでした!

今年は鉢植えを全て、雨の当たらない軒下に置いています。ここは裏庭になり、花が咲いてもあまり人目につかないので、花が咲く頃には場所を移動する予定です。

なぜこうしているのかというと、雨対策=病気予防です。今までは雨ざらしだったのですが、どうも雨には弱い気がします。20鉢くらいあると思うので、一箇所に集めておくと、水やりや害虫探し、液肥の散布などの管理も楽です^^

しばらくこの方式でいこうと思います♪

コメント(メールアドレスは不要です)

  1. くろまめ より:

    いつもなるほど〜と思いながら読ませてもらってます。
    私も芽がないときはどこで切るの???って思って、上のほうで剪定してました。
    ベランダなので背が高くなると洗濯物が引っかかっちゃうんですよね。
    今度からもっと短くできそうです!
    芽が出る前と後の比較写真があって、とても参考になりました!

    • オトメンパパ より:

      くろまめさん、こんにちは!

      > いつもなるほど〜と思いながら読ませてもらってます。

      そうなんですね^^ ありがとうございます。

      > ベランダなので背が高くなると洗濯物が引っかかっちゃうんですよね。今度からもっと短くできそうです!

      それは良かったです~^^

  2. ラメ より:

    オトメンパパさん 更新嬉しいです^ ^

    春の訪れとともに南のバラからたくさんの芽吹きとその中に蕾が顔を出し、北のバラたち(レディエマハミルトンやファヴィラス!等)も先日の嵐の後一斉に新芽が勢いを増し蕾もたくさんつけています。
    でも南のバラの虫たちも元気で、おんぶしてるトノサマバッタは3月末、先週はバラゾウムシ今日はチュウレンジバチが。゚(゚´Д`゚)゚。
    動かない虫は手袋して捕獲 気持ち悪いけど頑張ってます。でも地面に落とすことの方が多くって( ; ; )
    たくさんの蕾が付いててもどんどん無くなりそうで悲しいです

    朝夕の捕獲 頑張ります

    • オトメンパパ より:

      ラメさん、ご無沙汰しています^^

      その後、ナエマなどは元気ですか?
      レディエマハミルトンもたくさん咲くと良いですね~

      今年は、我が家では鉢は全部一箇所にかためています。
      雨の当たらない軒下に冬の間置いておいたのですが、春が来てもそのままで、雨が当たらないと調子が良いので、花が咲く時以外は雨の当たらない位置に置くことにしました^^

      管理も楽ですよ♪

      虫はイヤですよね。特にゾウムシはどんどん来るので厄介です(>_<)