つるバラの誘引!ウッドフェンスを可愛く!

こんにちは、オトメンパパです。

ちょっとさぼっていたので仕事が忙しかったため、
しばらくブログの更新があいてしまい、申し訳ありませんm(_ _)m

ちょっと前に、冷たい小雨が降る中、
つるバラ(ERのウィリアムモリス)をウッドフェンスに誘引しました。


先日DIYで設置した、ウッドフェンスですね^^

ブロック塀にラティスを取り付け!

今回は、そのウィリアムモリスを誘引した様子をご紹介します。

イングリッシュローズのウィリアムモリス

アフター全体1


被験者(ウィリアムモリス)は、輸入大苗を地植えしてから、
約1年が経過したバラです。

ウィリアムモリス一番花


午前11時ころからの日当たりのため、
そんなに成長抜群!といった感じではありません。

細めの枝がヒョロ~と1~2メートルくらい、
何本か伸びています。

1998年に作出された、イングリッシュローズで、
バラの本などでは、評判は良いようです。

我が家で栽培してみた特徴です。

ウィリアムモリスの特徴

  • つる仕立てになる
  • 1年間でシュートは1センチくらいのものが2本出た
  • 枝はしなやかでやや細めが多い印象
  • 花はピンク色でカップ~ロゼット咲
  • 無農薬でうどん粉病は発症せず
  • 無農薬で黒星病がほんの少し発症する(けっこう強い方)
  • 花もちはあまりよくない(3日ほどで散る)
  • 春はたくさん咲き、秋もまあまあ咲く方
  • 香りは普通の強さで良い香り
  • 我が家のバラ(約20品種)の中で、
    トゲが最も服にひっかかる


良いバラなんですが、ホント、トゲが引っかかるんですよ(;∀;)

よく見ると、釣針みたい返しがついていて、
引っかかりやすく取れにくいトゲです。

これがイヤで、アーチにむいていそうだったのですが、
通路に設置するのはやめました。

スポンサーリンク

つるバラの選定&誘引開始

それでは、誘引していきま~す^^

つるバラは、シュラブや木立ち型のバラほど剪定しませんが、
次のような不要な枝を剪定します。

つるバラで剪定する枝

  • 弱小枝
  • 枯れ枝
  • 混みあう枝
  • 先端を20~30センチ


まず、支柱や麻紐をほどいていきます。

ほどいた状態です。

ビフォー全体1


次は、不要な枝を剪定します。

まずはつるバラを剪定する

細い枝や枯れ枝などの、不要な枝を剪定します。

中輪種なので、割りばしの太さ以下くらいの枝は、カットします。

弱小枝をカット2


この剪定している枝は、そんなに細くないのですが、
混みあうので、カットしました。

弱小枝をカット3


寒さで枯れこむの防ぐため、先端もカットします。

寒さに強い品種や、そんな寒くならない地域では、
必ずしも、カットしなくても大丈夫です。

先端カット


たまに先端が、ほうきみたいに枝分かれして
しまった枝があります。
(ベーサルシュートはなりやすいですよね)

先端が枝分かれ


こういった枝は、あまり良い枝が出てこないことが多いので、
分岐していない部分で切り戻します。

スポンサーリンク

つるバラを誘引していく

剪定が終わったので、誘引していきます。
<剪定が完了した状態>

ビフォー2


けっこう感覚でやってしまうのですが、
誘引するポイントです。

誘引するポイント

  • できるだけ枝を水平に近づける
  • ただし無理に曲げすぎない
  • 太くて融通のきかない枝から誘引する
  • 枝と枝の間隔は中輪種では、20センチくらい開ける
  • 枝が重なる場合は×(クロス)になるように


まずは太い枝から誘引します。
(基本は。実際はやりやすい枝からやればOKです^^)

まず太い枝から2


今回は、途中で小雨が降ってきたため(涙)、
細かく誘引していく様子は省略します。

つるバラの誘引方法を詳しく紹介した記事はこちらです。

つるバラの剪定と誘引をわかりやすく!

誘引が完成

つるバラの誘引が完成しました!

思ったよりも、枝が短かったです。

地面から1.5メートルくらいでしょうか。

アフター2


横からです。

正面の部分も咲いたら良いなあ、と思い、
株の前部分の枝を数本、地面から5、60センチで切りました。

アフター横から


あとは、堆肥と肥料をあげたら、春を待つだけですね^^

おわりに

ウッドフェンスへの誘引でした!

さあ、どのくらい咲くのか楽しみです^^

<追記:こうなりました!>

ウィリアムモリスが開花!丈夫で良く咲くおすすめのバラ♪

ウィリアムモリス株姿2