ブロック塀にラティスを取り付け!

こんにちは、オトメンパパです^^

私の土地と隣家との境界には、ブロック塀があります。

南側と東側には、けっこうしっかりしたブロック塀があり、
北側はボロッボロのブロック塀があります。

で、この、

ボロッボロの北側のブロック塀の見栄えが良くないんです。

さらに、お隣さんがトタンを外壁や屋根部分に使われているのですが、

さびていて、これもできれば見たくないんです(≧_≦)

と、いうわけで、引越してきてから3年弱考え続けた、

ブロック塀にラティスをDIYで取り付け作戦」を実行します^^

まずビフォーアフター

ボロボロのブロック塀と、お隣さんです。

ブロック塀は築何年建つかわかりませんが、
下の方とか、大きな穴が開いています(;゚Д゚)
ビフォー

この風景をこうしました。

完璧ではありませんが、DIYでやったことと、
予算と見栄えで天秤にかけて、こうなりました。

割と満足しています^^
アフター

もう少し後ろから撮ったビフォーアフターの写真は、
後半でまたご紹介しますね^^

なぜラティス?

一番最初の案は、

1案)ブロック塀を全て取り壊して、白い板塀で敷地全部を囲う
(もちろん業者さんに依頼)

でした。

しかし、これは予算がかなり高くなることで断念。

しょうがないので、DIYでなんとかすることにしました。

次の案は、

2案)ブロック塀にモルタルを塗って、着色する

または、屋外用の漆喰を塗る

でした。

これは様々な商品があり、けっこう良さそうだったのですが、
ブロック塀はキレイになりますが、
隣家のトタンはばっちり見えちゃいます(^_^;)

なので、断念。

3つ目の案です。

3案)レイランディーという大型に成長するコニファーを、
ブロック塀の前面に植え、3メートルくらいの生垣を設置する

バームクーヘンで有名な、クラブ・ハリエというお店で、
素敵な洋風の生垣を見たことがきっかけでした。
レイランディー

この案は、レイランディーの数がたくさん必要なので費用がけっこうかかる点と、
奥行きに1メートル弱とってしまうので、

バラを植えるスペース激減やん!

ということで却下になりました( ̄▽ ̄)

でも、かなり気に入るだろうな、と今でも思っています。

4つ目は、

4案)板塀をブロック塀に貼り付ける、です。

これは、背の高さも自由に決められ、色も好きな色が塗れますので、
けっこう良いと思ったのですが、板の値段がけっこうします。

風雨にさらされるので、それなりに丈夫な木材を選択すると、
かなり高くなってしまう計算です。

そこで、最後の今回の案です。

5案)ラティスをブロック塀に貼り付ける!
ラティスアップ

これは、ラティスがあらかじめ幅のある壁を作ってくれているので、
設置が楽だと思いました。

ただ、近所のホームセンターでは、
斜めの格子状のラティスしかありませんでしたので、
(あまり目隠しにならない)ネットで探すことにしました。

すると、ありました!

縦180センチ×横90センチの横板タイプのラティスが4枚で、11,300円!
設置するラティス

これなら4メートル近くの壁が、1万5千円ほどで設置可能です。

この案に決まりました^^

スポンサーリンク

ラティスを取り付け

ラティスを取り付ける方法は、次の通りです。

  1. ブロック塀に穴を開ける
  2. その穴を利用してブロック塀に板を取り付ける
  3. その板にラティスを取り付ける

ラティス取り付け用の板の準備

まず、ラティス取り付け用の板を用意します。

これは、ホームセンターで売っている、
防腐処理済みのSPF材を利用しました。
防腐処理済みSPF材

この木材に、クレオトップを塗りました。
臭いけど効きそうな匂いです(^_^;)

左が塗る前で、右が塗った後です。
クレオトップを塗った木材と塗っていない木材

木材は腐りやすいので防腐処理はしっかりと行い、1年ごとに見直すくらいが良いでしょう。また木材が長持ちするコツは、いかに乾くか?です。湿りっぱなしだと虫やカビにやられます。

ブロック塀に穴を開ける

ブロック塀に、振動ドリルとドリルビットで穴を開けます。
今回は、6ミリの穴を開けました。
振動ドリルでブロック塀に穴あけ

ブロックへの穴あけについてはコチラをご覧ください。

ブロック塀にDIYで穴を開けました

板を取り付ける

開けた穴に、プラグをセットします。
ネジがとまるための道具です^^
穴にプラグをセット

ごむ槌などで、プラグを穴にはめます。
プラグをハンマーで打ち込む

プラグがセットされました。
プラグが入った

板をブロック塀に取り付け

クレオトップを塗って、乾かしておいた板を、
セットしたプラグめがけて、ネジでとめます。
SPF材をブロック塀に取り付け2

このネジはステンレス製を使いましょう。鉄製はすぐにさびます。

上下に2枚取り付けました。
SPF材をブロック塀に取り付け3

全体です。
SPF材をブロック塀に取り付け4

ラティスを板に取り付け

いよいよ、ラティスを取り付けます。

先ほど取り付けた板に取り付けていきます。
ラティスをブロック塀に取り付け

ネジの長さや、ブロック塀の穴の深さは設計段階で決め、それに合わせた長さのネジや板を用意します。

今回使ったものは、

  • プラグが32ミリで直径6ミリの穴用
  • プラグに合わせた直径3.8ミリのネジ(プラグに適用サイズが書いてあります)
  • ネジの長さは51ミリ(プラグ長さ32ミリ+板の厚み19ミリで合計51ミリ)

また、ラティスも35ミリあり、下の板に15ミリほど取り付けられる計算です。

ラティスの取り付けは大人2人は必要です。
ラティスがうく形になりますので、1人が支えているすきに、
1人がネジで取り付けます。
ラティス取り付け風景

ラティスとラティスの高さ調節は、このようにしました。
水平をとる

ラティス取り付け完成!

これで完成です。

この状態が・・・
ビフォー1

こうなりました^^
色はいつか、オフホワイトっぽくしたいです。
アフター1

ちょっとラティスが地面からういていますので、
なんかイマイチなんですが、植物を植えて自然な感じにしたいな~と思います^^

斜めから
ビフォー2

写真では、華奢な感じですが、かなりガッチリとつきました。
アフター2

今回取り付けていない、さらに左の部分に、
つるバラ(ピエールドゥロンサール)が植えてあります。

ラティスに誘引するため、
あと4枚分取り付けたいな~と思っています(^▽^)

今回購入したラティスはこちらです。

読んでいただき、ありがとうございました。

コメント(メールアドレスは不要です)

  1. 横田 より:

    ありがとうございます。ブロック塀にラティスを取り付けようと考えておりました。たいへん参考になりました。感謝です(*^^*)

    • オトメンパパ より:

      横田さん、こんにちは!

      素敵なラティスを取り付けてくださいね♪