手作り油肥の仕込み1週間後

こんにちは、オトメンパパです^^

最近めっきり寒くなりましたね~。
滋賀は、朝晩だけでなく日中も肌寒くなってきました。

気が付くと、バラを食べる虫さん達も、減っています^^

にっくきホソオビアシブトクチバだけは、
どこかに潜んで、新芽を食い荒らしているようですが・・・( `ー´)ノ

さて、先日仕込んだ、Dr.真島手作り油肥ですが、
途中2回混ぜつつ、1週間が経ちました。

少しギョっとしたので途中経過報告です^^

仕込んだ時の様子はこちらです。
「Dr.真島のバラ用手作り油肥を作ってみました!」

手作り油肥の仕込み5日後

仕込み直後は、こうでした。
ほんのり良い香りもしていました^^
手作り油肥015_完了

これが昨日蓋を開けてみると、
真っ白でした。
手作り油肥5日後001

ちょっと写真ではわかりにくいのですが、
明らかに変質していました。

しかも、匂いも変わっていました。

なんともいえない初めて嗅ぐ強いニオイで、
腐ったり、生臭いわけではないのですが、
あんまり良い匂いではありません。

例えると、古くなったたまり醤油に、
ナンプラーと砂糖を混ぜて発酵させたようなニオイ?です。

白いのは表面だけかと思いきや、
混ぜる時に、真ん中くらいまで掘ってみても、白でした。
手作り油肥5日後002

底の方まで掘ると、茶色のままでしたので、
表面の方から発酵が進んでいるようです。

蓋には水分がついていました。
これも発酵が進むとつくようです。
手作り油肥5日後004

とりあえず、混ぜる時は本の通りに、
別の容器に半分くらい移して、しっかり底から混ぜます。
手作り油肥5日後003

よく混ぜたらこんな感じになりました。
手作り油肥5日後005

最後に

しかし、
手作り油肥の凄さをまだ実感していないので、
2、3日おきに混ぜ続けるのは、けっこう面倒くさいです。

でも、これで本の写真のような、物凄い肥料が出来上がるだろう!
と強引に自分を納得させ、前向きに頑張ります( ̄▽ ̄)

読んでいただき、ありがとうございました。